フィリピンでストレスなく暮らす方法についての考察

フィリピンでストレス?!

現在、語学留学が盛り上がりを見せているフィリピン・セブ。また、リゾート観光地として訪れる人も依然多い。セブを訪れた日本人がよく言うこと。

「フィリピン人って、いつも笑顔で、愛想がいいよね」

確かに振り返ってみると、自分もセブに来た当初、そんなことを感じていたなぁと思う。なので、否定はしません。

 

では、ここフィリピンセブで誰もストレスを感じていないのかといえば、そんなことはないでしょう。ましてや、こちらでの暮らしが長い方は、言葉では言い表せないほどのストレスを抱えていることと思います。

そこで、どのような状況においてストレスを感じるのか、考えていきたいと思います。

カリパイ調べ フィリピンセブでストレスを感じる状況

  • コンビニのレジ待ちは、割り込み上等。
  • 会計をする際、大きいお金(千ペソ)を出すと、店員が明らかに嫌な顔をする。
  • ファーストフード店が、ファーストフードじゃない。めちゃくちゃ時間がかかる。
  • スーパーのレジの待ち時間が尋常じゃない。
  • レジ待ちしているとき、次の人が異常に近い距離で待つ。
  • 嘘をついているという自覚がない。嘘をつくことに罪悪感を感じていない。
  • 職場のスタッフがちょっとしたことでもすぐに休む。
  • 貸したものは、ほとんどの確率で返ってこない。
  • 店員に「○○はありますか?」と聞くと、必ず「wala~(ワラ~)」という。※walaは「ない」という意味
  • ジョリビーで、英語が通じない。
  • オーダーと違うものを運んできても絶対に謝らない。
  • いつも行くセブンイレブンで、店員が絶対に英語で話しかけてこない。
  • 町中年中大渋滞。

挙げたらキリが無いわ!!

 

ストレス無く暮らす方法とは?

結論から先にいます。

そんなものはありません!!

あったらこっちが教えて欲しいです・・・。

 

ストレスと闘ってはいけません。余計ストレスが増大するだけです。では、どのような人が、ここフィリピンの荒野で生き延びることができるのか?以下に、カリパイ流、ストレスと付き合いきれるかどうかの診断チェックを紹介します。

  1. フィリピンと日本の文化の違い・考え方の違いを、もう一度落ち着いてまとめてみる。
  2. その「違い」に優劣をつけない。
  3. 「なぜ自分はフィリピンにいるのか?」を考える。
  4. 自分が相手にストレスを与えていないか、逆の立場になって考え直す。
  5. 腹が立つ原因の矛先を一個人に向けているのか、政府・国へ向けているのか、整理する。

上記を行った後、「まぁ仕方ないか」と思える人だけそのままフィリピンに滞在することを勧めます。「いや、絶対に許せん!腹の虫が治まらん!」という人は、すぐに日本へ帰ることを強くお勧めします。

 

まとめ

郷に入っては郷に従え

郷に入っては郷に従えとは、風俗や習慣はその土地によって違うから、新しい土地に来たら、その土地の風俗や習慣に従うべきだということ。また、ある組織に属したときは、その組織の規律に従うべきだということ。 出典:故事ことわざ辞典

とは言え、腹立ちますよね・・・

 

ではまた。

 







4 件のコメント

  • 私はフィリピンではまったくストレスを感じていません。
    日本はストレス社会で特に人間関係は気を使うことがおおかったけれど、フィリピンに来てからはストレスなし、ものすごく快適です。

    私のような退職者とまだ働いている方は立場が違うとは思いますが、私の場合は貧乏人で日本であれば極貧かもしれないけれど、フィリピンで生活しているおかげで何不自由ない、不足感のない生活ができています。
    今の生活に十分に満足していますので細かいことはまったく気になりません。
    フィリピン人は本当にフレンドリーで親切だし、フィリピン流サービスもすばらしいと思いますよ。

    • >フィリピンで生活しているおかげで何不自由ない、不足感のない生活ができています。

      フィリピンでの暮らしが本当にうまくいってるんですね。うらやましいです。

      ストレスは、日々感じまくりですが、それはどこにいても同じことかとも思ってます。
      修行を積んで、ストレスを感じない領域まで自分を高めたいです(汗。

      またお願いします!

  • また改めてコメントですが・・・(暇な人間なんです)

    記事の後半の部分は非常に共感するのですが、(私も文化の違いは文字通り『違い』であって優劣ではないと思っています。)
    前半のストレスを感じる状況の部分は???という感じも受けます。
    そのことについてはまた改めてコメントするかもしれませんが、基本的なものの考え方について書いてみます。

    私はもともと海外旅行の最大の楽しみは異文化に触れることだと思っています。
    海外で生活していても同じことで、文化や慣習の違い、考え方の違いに触れることはストレスではなくむしろ『楽しみ』です。
    それと私は海外に行けば自分は外国人であると思っていますのでその国の文化や慣習はなるべく尊重したいと思っています。

    フィリピンにいると本当に自分が親切にされているなあ、と実感しますのでストレスよりありがたいというか、感謝の気持ちのほうがはるかに強いです。

    • >フィリピンにいると本当に自分が親切にされているなあ、と実感しますのでストレスよりありがたいというか、感謝の気持ちのほうがはるかに強いです。

      いいですね。あやかりたいです。
      自分はまだまだ修行中です・・・。

      またお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です