フィリピン・セブ島から情報発信中!

【24時間営業】セブっ子御用達の安いレストランと言えば『バーベキューボス』(BBQ Boss Talamban)※動画有り

どーもこんにちは!カリパイ( @legendarykalipy)です。

仲間とワイワイやりながらガッツリ飲みたいときや、時間を気にせず何時からでも何時まででも飲みたいとき。

そして最も重要な「お財布に優しい」という譲れない条件。

これらをすべて満たしていて、連日地元のフィリピン人で賑わっている24時間営業のレストラン『バーベキューボス(BBQ Boss)』のご紹介です。

今回はタランバン店へ行ってきました。

場所

サンカルロス大学(タランバンキャンパス)を目指してバニラッドロードを北上し、A.S.フォーチュナ通りと交わる立体交差(フライオーバー)を下ってすぐの左手にお店があります。※説明中の方角はITパーク方面からの場合

サンカルロス大学(タランバンキャンパス)からは徒歩3分の距離。マクタンセブ国際空港からタクシーで約50分です。※道路状況によって異なる

バーベキューボスについて

冒頭でも触れたように、バーベキューボスは24時間営業のレストランです。

ただ、何度も利用している自分の感覚では、レストランと言うより飲み屋・居酒屋に近い感じです。

お値打ち価格のフィリピン料理をつまみながらビールを飲む。「安くていつでもやってる飲み屋ない?」と聞かれたら、いの一番に紹介したい、そんなお店です。

2019年12月現在、バーベキューボスはタランバン店とマボロ店の2店舗で営業しています。

マボロ店はアヤラモールからも近く、多方面からのアクセスが多いエリアにあるため、タランバン店より混雑している印象です。

店の様子

お店は壁のないオープンスタイルなので、出入りがしやすいです。

店内へ入った後は、自分の好きな席に座ります。

特に「いらっしゃいませ!何名様でしょうか?」という感じの接客はありませんので、その点ご承知おきを。

今回カリパイがやって来たのは平日のお昼時でした。この日は他にお客さんがいなくて、席は選び放題!

ですが、これが週末の夜になると、満員御礼の大混雑となります。

左の写真に見えている空きスペースは駐車場です。

店内はすべてのエリアで禁煙となっているため、喫煙の際は駐車場横にある喫煙コーナーをご利用ください。

店舗情報

バーベキューボス(タランバン店)
(BBQ Boss Talamban)

 

住所:Gov. M. Cuenco Avenue, Banilad, Cebu City, Cebu

電話番号:0942-029-5967

営業時間:24時間営業

定休日:なし

クレジットカードの使用:不可

メニュー

※画像選択(クリック)で拡大表示されます

価格は2019年12月現在のもので、各写真右が料理・左がドリンクのメニューとなっています。

料理の写真がなく文字だけのメニュー表ですが、どの料理も100ペソ前後です。

少し前まではビールは1本40ペソでしたが、さすがにこの頃の物価上昇に伴い、現在は60ペソになっています。

ちなみに、ビールの価格についてですが、大型のスーパーで42ペソ、コンビニで50ペソ前後、ちょっとお洒落なレストランだと80~100ペソが相場です。

ですからバーベキューボスの60ペソは、かなり良心的と言えるでしょう。

また、料理はバリバリのフィリピン料理が揃っていて、食事だけで利用しても十分満足がいくと思います。

実食

平日の昼間からではありますが、ビールを美味しく頂くためにいくつか料理を注文しました。全体的に、ビールに合う味の濃い料理セレクトとなっています。

スパイシービーフロール(65ペソ)

「スパイシー」と名が付いているので辛そうですが、辛さはバーモンドカレーの中辛ほどです。※例えが逆に分かりにくい?!

中身は牛挽肉・チーズ・丸ごと青唐辛子、それらを春巻きの皮で巻いて揚げた料理です。

地元ではその見た目から「ダイナマイト」と呼ばれています。なかなか上手いこと言いますよね。

全然辛くないと言いましたが、まさにダイナマイト。運が悪いと激辛青唐辛子がヒットし辛さ大爆発かも。

シシグ(卵入り)(150ペソ)

豚の様々な部位肉を細かく刻んだ鉄板料理です。

脂っこい料理ですが、味が濃くてライスも進む、フィリピン料理の定番メニューですね。

卵をまぜまぜしてシシグに絡めるとまろやかになるのでおすすめですよ。

ビーフステーキピノイ(165ペソ)

「ビーフステーキ」と聞くとちょっとゴージャスな感じがしますが、平たく言えば、カットされた牛肉の鉄板焼きです。

味付けは照り焼き風で、個人的にかなり気に入っています。

これまでの経験上、ローカルのフィリピンレストランで食べる牛肉は固いというイメージがありましたが、ここのは割と柔らかくてビックリしました。

ただし、冷めると固くなってしまうので熱々のうちに食べてしまいたいですね。

ダバオエクスプレス(120ペソ)

細かく刻んだ青唐辛子と玉ねぎ・トマトなどの野菜を刻み、そこへココナッツミルクを加えた料理です。

メニュー表には辛しマークが2つ付いているので、これはピリ辛料理で間違いなし。

青唐辛子だらけで何なら「青唐辛子炒め」みたいな見た目のため、食べる前に覚悟を決めていましたが、食べてみてビックリ。

確かに辛いですよ。ですが、ココナッツミルクがその辛さをまろやかにしてくれ、トータルでは「それほど辛くない」という評価になります。

これもまたビールによく合いますね。

まとめ

料理はまだまだ他にもたくさんあって、個人的には牛スープが気に入ってます。

店名にもなっているポークBBQは1本7ペソとこれまた激安。※5本以上の注文が必須

また、ライスは20ペソでアンリ(お代わりし放題!)なので、まさにフィリピン人によるフィリピン人のためのサービスと言えるでしょう。

バーベキューボスの利用客は、ほとんどがフィリピン人の若者です。

数人のグループでワイワイやりながら楽しそうに時間を過ごしている彼らを見ていると、フィリピン文化の一端を垣間見ることができるかも。

24時間営業なので時間を気にすることなく飲めるのが嬉しい『バーベキューボス(BBQ Boss)』へ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

動画でご紹介

2 COMMENTS

アバター kujiran

バーベキューボス知らなかったです。いいですね。これぞセブって感じです。

返信する
カリパイ カリパイ

kujiranさん

それはいけません!
是非一度行ってみてください。いろんな意味で驚きが沢山ある店ですよ笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です