激ウマ!フィリピンセブBBQ(ローカルフード)を食べてきた

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

フィリピン生活満喫中のカリパイ( @legendarykalipy)です。

 

フィリピンローカルフードと言えば、そう!バーベキュー。

日本でバーベキューと言えば、網の上で肉・野菜・ソーセージなどを豪快に焼き、ビール片手にみんなでワイワイ、という感じですよね。

ここフィリピンでは、主に豚肉・鶏肉の各部位を串に刺して焼くスタイルがバーベキューと呼ばれています。

要するに「串焼き」のことですね。

超ド級のローカルなBBQショップへ行ってきた

ここは何軒もの小さなBBQショップが出店しているところです。

ロカール感がバッチリ出てますよね。

お客さんは地元のフィリピン人ばかり。ちょっとドキドキします。

まずは、自分が食べたいものを選びます。

お店の人が取り皿を用意してくれるので、そこへ自分が食べたいものを載せていきましょう。

豚肉や鶏肉、ソーセージだけでなく、鶏の足やレバーなんかもありますよ。

主な価格帯は、一串5ペソ~20ペソ程です。(中には、80ペソ程するものもあります)

お肉が赤っぽく見えるのは、バナナケチャップで作ったソースがからめてあるからです。なので、焼き上がりはほんのり甘い味がしますよ。

実食

テーブルで待つこと10分ほどで、注文した串が焼き上がりました。

見た目は少し抵抗があるかもしれませんが、これぞローカルフードですよ。

味は、日本のように「塩」か「タレ」のような選択肢はなく、すべて特性の甘いタレ味(バナナケチャップ)になってます。醤油(日本お醤油と若干違う)に、スパイスを入れ、そこにつけて食べると、ピリッとアクセントの利いた味になります。

 

こちらはプソ(puso)と呼ばれているライス。ココナッツの葉で包んで、蒸し上げてつくるそうです。

一つ5ペソ。安い!!勢いで4つほど平らげてしまいました・・・。

 

そして、この店で、一番のおすすめがこちら。ロミヌードル(lomi noodle)

挽肉、キャベツ、ネギを油で炒めた後、鶏ガラベースのスープを投入。麺と卵を加え、はい、出来上がり。味は日本人の自分にも、全く違和感のない味。

はっきり言って、

激ウマ!!です。

 

こちら何と1人前、16ペソ!安い!!あまりの美味しさと手頃なお値段で、2杯食べてしまいました。

こちら2杯目のロミヌードル。

 

ビールが美味しくいただけますね。

ちなみに、ここではビールは売っていませんが、お店の人に頼むとすぐ近くにあるセブンイレブンまで買いに行ってくれます。

 

基本的に、BBQショップは持ち帰りが可能です。

地元の人を見ていると、半数ぐらいが持ち帰り用で注文していますね。

まとめ

この店で、外国人を見たことが一度もありません。超ローカルな店ですが味は文句なしです。

日本人だけで行くのは少し勇気がいるかもしれませんので、フィリピン人の友達と一緒に行くことをおすすめします。

それと、やはりここはローカルフードショップなので、お腹の弱い人はくれぐれも自己責任でお願いします。

NES TOWN CENTER BBQ内、Rodel & Analyn Lomi

ではまた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です