フィリピン・セブ島から情報発信中!

【フィリピンセブ島】超簡単!手作り餃子作りに挑戦

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

フィリピン生活を満喫中のカリパイ( @legendarykalipy)です。

 

基本的に毎日自炊をしているカリパイですが、面倒くさいので同じものばかり作って食べてます。

よく使用している食材は、ネギ・キャベツ・ニンニク・もやし・ぶた挽肉ですね。

これらを使って、炒め物だったり、スープだったりを作ります。

食材はフィリピンセブ島で簡単に手に入るものばかりなので、特に苦労はありません。

そこでふと思いました。

カリパイ

これらの食材を使って、たまには違うものを食べたいなぁ。

よくよく考えてみたら「餃子(ぎょうざ)」を作ることができそうじゃないですか!

  • いつもの食材でOK
  • 面倒でなく簡単調理
  • 美味しい

フィリピンセブ島でも、簡単で美味しい餃子を作ることができるのか?

実際に挑戦した様子をご紹介します。

今回用意した食材

餃子作りに使う食材です。

これらはすべてセブ島のスーパーで簡単に手に入れることができます。

  • ぶた挽肉
  • キャベツ
  • ネギ
  • ニンニク
  • 餃子の皮
  • コショウ
  • ごま油
  • マジックサラップ(味粉)

餃子の皮は自分で作ってもいいんですが、面倒なのでやりません笑。

スーパーへ行くと一応それっぽいものが売っているので、今回はそれを使ってみます。

それがこちら、DINKSの「DUMPLING WRAPPER」です。

この会社の正式名称は「SIR DINKS FOOD PRODUCTS, INCORPORATED.」といって、メトロマニラ・ラスピニャス市にあります。

餃子や春巻き(ルンピア)の皮を主に取り扱っています。

今回スーパーで購入したものは、250g入りで37ペソでした。これなら手軽に買うことができますよね。

クオリティはどうなの?と気になるところですが、見た感じは良さそうです。

手に取ってみて感じたのは、日本で売っている餃子の皮より若干厚くて、粉っぽさはありません。どちらかというとモチモチしてます。

焼き餃子よりも、水餃子や揚げ餃子向きかも知れませんね。

まぁいいでしょう。気にしない気にしない。

餃子の味付けに使うのは、前回「もやし」の記事でもご紹介した「マジックサラップ(Magic Sarap)」です。

これと、塩・コショウ・ごま油だけで十分。味付けも簡単ですよね。


餃子作りの手順

手順はとっても簡単です。

説明するまでもないでしょうが、今回カリパイが実践した様子をご紹介していきます。

あん作り

まずは、用意した野菜を細かくカットします。

↑こんな感じに用意できたら、すべて混ぜ合わせます。

そこへ、マジックサラップ、塩、コショウ、ごま油をお好みの分量入れます。

さらにコネコネ混ぜ合わせていくと・・・。

どうですか?野菜たっぷりで何だか美味しそうですよね?

挽肉と野菜の分量は「挽肉1:野菜2」ぐらい。

本来ならニラを使用したいところですが、セブ島ではニラを手に入れることがちょいと難しいんです。手に入るんですが、ローカルマーケットでしか売ってませんね。しかも、流通量が極めて少ない。

普通のスーパーでは今まで見たことがありません。

なので、ネギで代用しちゃいます。フィリピンのネギは薄っぺらいので、見た目はニラみたいでちょうどいいでしょう笑。

餃子包み

餃子の皮を左手に、右手でスプーンですくったあんを盛ります。

細かいことは気にせず、適当に包んでいきましょう。

皮を包む際、皮の縁を少しだけ水で濡らすと皮の閉じ具合がよくなりますよ。

う~ん、何だか餃子というより生八つ橋に見えなくもない・・・。

気にしない気にしない。自分の好きなようにやりましょう。

今回使用したDINKSの「DUMPLING WRAPPER」一袋でこれだけ作ることができました。

餃子の皮を一枚一枚はがすとき、ちょいちょいひっついていて少し手間取りましが、見た目はしっかり餃子になっているので、ここまでのところは成功です。

焼く

フライパンに油を敷き焼いていきます。

皮の色が変わってきたら水を入れ、ふたをして蒸し焼きにしていきます。

水は餃子が浸るぐらい入れれば大丈夫です。

いい音と、いいにおいがしてきましたね。

水分が飛んだらふたを外して、餃子の上から油を少し加え、さらに焼いていきます。

この際、ごま油を使うと香りがよくなりますが、ちょっと油くどくもなるためお好みでどうぞ。

 

焼き上がりを待っている間に、餃子のタレを用意します。

市販の餃子のタレを用意できる人はそれでいいと思いますが、カリパイの場合は家にあるもので代用しました。

毎度おなじみのだし醤油を使います。そこへごま油とほんの少しだけ酢を加えて出来上がりです。

created by Rinker
鎌田醤油
¥2,290 (2018/12/12 08:45:14時点 Amazon調べ-詳細)

ごま油は入れすぎに注意してくださいね。

 

そうこうしているうちに、いい感じになってきましたね。

実食

さぁ、お皿に盛り付けて完成といきましょう!

と言いたいところですが、ここで悲報が流れます・・・。

焦げてますやん!!

やってしまいました。ここへ来て痛恨のミスです。

  • 火加減が強すぎた
  • 焼き時間が長すぎた

でも、せっかく作った餃子なので食べます。

先日作り置きしておいたもやしナムルをあわせて、なんとか誤魔化してみました。

皮は黒焦げになってしまいましたが、餃子の味自体は完璧ですね。

野菜がたっぷり入っているので、とってもジューシーです。

カリパイ

焼き焦がしさえしなければ「はい!大成功!」と笑顔で言えたのに・・・。

というわけで、リベンジです。

そしてリベンジの結果、今回は・・・。

 

 

大成功です!

いい感じの焼き加減になってますよね。

う~ん、美味しそうです。

キンキンに冷えたビールを飲みながら、いい感じに焼けた餃子をつまんでいきましょう。

ひとことで言いますと「美味い!」です。

餃子の皮のモチモチ感と、ジューシーな中身。良いコンビネーションですね。

まとめ

正直な話、ここまで上手くいくとは思っていませんでした。

ですが、ここフィリピンセブ島でも、自宅で簡単に美味しい餃子を作ることができる。今回はそれを見事に証明したと思います。

手間と言えば、野菜を細かくカットするのと、包むことぐらいで、本当に手軽にできますよ。

この記事を読んで興味をもった方は、是非一度チャレンジしてみてください。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です