テイクアウト専門店『マンゴーファーム(THE MANGO FARM)』で手軽にマンゴーシェイクを楽しもう!

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

フィリピン生活満喫中のカリパイ( @legendarykalipy)です。

 

フィリピンを代表する果物といえば、バナナ・マンゴー・パパイヤなどが挙げられるでしょう。

日本では高級フルーツ?の部類に入るマンゴーですが、ここフィリピンでは一年中安くて美味しいマンゴーを味わうことができるんです。

今回は、そのマンゴーをシェイクで味わうことができる『マンゴーファーム(THE MANGO FARM)』というお店のご紹介です。

SMシティモール店へ行ってきましたよ。

場所

お店はSMシティモールの2階にあります。

マンゴーファームはレストランやカフェなどの店舗型のお店ではなく、いわゆる「キオスク(Kiosk)」スタイルです。※キオスクとは小さな売店のこと

こんな感じのお店です。

大きな看板が出ているわけではないので、広いモール内では見つけることがちょっと難しいかもしれません。

お店までのわかりやすい順路は、1番ゲートから入ってそのまま階段を上がり直進します。ゆっくり歩いて3分ほどの距離でしょうか。

進行方向から見て右手に「KOGI-Q」があります。

フィリピンスタイルの焼き肉食べ放題レストランです。

場所の目印にするといいですね。

マンゴーファームの左横には同じくキオスクタイプのお店があります。

こちらはタホ(フィリピン風豆腐)のお店です。

マンゴーファーム(THE MANGO FARM)について

マンゴーファームは「Fruitas Holdings,Inc」というグループ会社が運営しています。

この会社は、マンゴーファームだけでなく様々なブランドをフィリピン国内で展開しているんです。

これらブランドの特徴として「キオスクタイプのお店が多い」「手頃な価格帯」という二点が挙げられます。

ションピングモールや商業施設などへ行くと、これらブランドのどれかは必ず目にします。「どこへ行ってもあるお店」とでも言いましょうか。

このことにより、「気軽に利用できる店」「手頃な価格の店」として幅広い客層から支持されているんですね。

 

マンゴーファームもそのコンセプトに従い、扱っている商品はすべてお手頃価格となっています。

また、注文が入ってからその場で調理するため、できたて新鮮なドリンクを楽しむことができます。

どんな商品があるのか気になりますよね。

それでは次はマンゴーファームのメニューを見ていきましょう。

メニュー

マンゴーファームのメニューは全部で13種類(期間限定やイベントメニュー除く)あります。

シンプルなマンゴーシェイクや、他の果物との組み合わせたものなどです。

トッピングにボリュームのあるものや、キャラメルベースのものなどがあります。

価格はレギュラーサイズで69ペソ(約140円)、ラージサイズで89ペソ(約180円)とお手頃価格となっています。

※「MANGO GRAHAM」と「MANGO CARAMEL」だけスモールサイズ69ペソ、レギュラー89ペソ、ラージ119ペソです

どれも美味しそうで、何を注文しようか迷っちゃいますよね~。

そこでカリパイ。店員さんにおすすめシェイクを聞いてみることにしました。

おすすめシェイク

カリパイ

このお店で一番売れているシェイクはどれですか?

店員さん

ベストセラーは「マンゴーサゴ(MANGO SAGO)」です!

はい、こちらですね。

マンゴーサゴ(MANGO SAGO)という商品名にある「サゴ」とは、サゴヤシからとれるでん粉で作られた丸い粒状のものです。

食感はキャッサバから作られるタピオカに似ていて、サゴの方がやや歯ごたえがある感じです。

そんなわけでこのシェイク、サゴが入ったシェイクなのかと思いきや、入っているのはタピオカでした。

説明:fresh mangoes and tapioca pearls with on ice

意味:クラッシュアイスに新鮮なマンゴーとタピオカ入りだよ

まぁ細かいことは気にしないでおきましょう笑。

店員さんがマンゴーサゴを作っている様子を見ながら待つこと2分。

じゃじゃーーん!出来上がり!

今回はレギュラーサイズ(16oz)69ペソ(約140円)にしましたが、手に取ったときズッシリと重みを感じました。

スムージーのようなシェイクにマンゴーの果実とタピオカがたっぷり入っています。

ちょっと見づらいかと思い、ふたを外しました。

マンゴーがかなりの存在感を放ってます。

味はそれほど極端に甘くはありませんが、使用されているミルクシロップの甘さがやや目立っていますね。

マンゴー果実の柔らかさとタピオカのもちもちした食感が、ちょうどよいバランスとなっており、最後まで飽きずに飲み干すことができました。

カリパイは甘い物があまり得意ではないのですが、これなら何とか美味しく味わうことができますね。

トッピングが多い他のシェイクだと、ちょっと甘すぎるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レストランやカフェなど、マンゴーシェイクを飲むことができる場所はたくさんあるでしょう。

ですが、マンゴーファームはテイクアウト専門店なので、気軽に利用することができますよね。

そして、お財布に優しい価格設定も魅力の一つ。

ショッピングの合間に、美味しくて冷たいマンゴーシェイクを楽しむことができる『マンゴーファーム(THE MANGO FARM)』。

是非一度、お試しください。

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です