サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

フィリピンセブおしゃれ韓国焼き肉 4.15 DINING ROOM

 

フィリピンセブで、一度は訪れたい焼き肉屋。

今回は、オシャレで美味しい「4.15 DINING ROOM」さんのご紹介です。




4.15 DINING ROOMの場所

ハーマン・コーツ・ストリートにあります。A.S.フォーチュナからマボロ方面に行く道です。アルバシティスイーツホテルを目印にするといいかもしれません。

 

店内の様子

4.15店内の様子01

店内は7卓ほどのテーブルがあり、それぞれのテーブルには、4人ほど座れます。店外にも2卓テーブルがあります。

椅子がなかなかオシャレで、見た目は単なる筒ですが、座る部分を持ち上げると、中に荷物を収納することができます。

店員さんの話では、荷物を入れたことを忘れて、そのまま帰ってしまう人が多いとか。飲んだらそうなっちゃいますよね。

4.15店内の様子02

店内の至るところにハングルが。

でも安心してください。メニューは英語で書かれています。写真も付いているので、注文する際、選びやすいですね。

 

いざ実食!

 

このお店の特徴は、焼き肉をしながら、なんと同時に玉子焼きを作ることができる点です。それがこの写真。

分かりますか?写真中央は、もちろん焼き肉のスペースです。網の周りに2か所、溝があります。

手前はキムチとナムルが入っています。奥の黄色いものが、玉子です。

これらは、お肉を注文すると無料でついてきます。玉子は出汁とミックスされていて絶品です。

玉子は焼き上がるとこんな感じになります。結構ボリュームありますよ。

50ペソで玉子を追加注文することもできます。

 

さて肝心のお肉ですが、これまた、クオリティーが高い!特に牛肉。

牛肉は一皿550ペソで、豚肉に比べ少々お高いですが、十分納得できる品質ですね。

正直な話、ここセブでは、日本人経営の焼き肉屋へ行かないと美味しい牛肉を食べることができないと思っていましたが、いやいや失礼いたしました。4.15さん、ありがとうございます!!

ちなみに、お肉はすべて店員さんが焼いてくれますよ。

焼き上がったお肉は、やや薄口の特製タレ(タマネギ入り)と、塩&ゴマ油、コチュジャンで食べることができます。

レタスで巻いて食べると、アッサリいただけますね。

ご飯を注文したら、目玉焼きが乗ってました。この店は、本当に玉子推しなんだなぁと思いました。

最後のシメに、シーフードラーメンを注文しました。これ、海鮮が少しだけ入った辛ラーメンです。

調理場で作ったあと、網の上にのせてくれます。ですが、温め続けているせいで、スープがどんどん干上がっていきました。

ちなみに上の写真は、玉子の追加をしたものです。いや~この玉子焼き、クセになりますよ。

 

まとめ

店を訪れたこの日、お客さんは韓国人と日本人がちょうど半々でした。予算的には二人で1,500ペソ~となりますが、クオリティーが高いのでお得感の方が勝る感じです。

是非一度、絶品玉子焼きを試してみてください!

4.15 DINING ROOM

  • 営業時間:11am~11pm
  • 住所:FLC Center, Hernan Cortes Street, Subangdaku, Mandaue City
  • 電話番号:032 5202087 または +63 9163638200

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です