サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

セブのバイクショップで初体験!カスタマイズと飲み放題!




バイクをカスタマイズしました

バイクを購入して、はや3ヶ月。

おかげさまで大きなトラブルもなく、順調に走行距離を伸ばしています。

先日、サイドミラーの固定が不安定だったので、近所のバイクショップへ行ってきました。

ミラーの調整自体は、わずか1分で終了。工具さえあれば自分でできたなぁと心の中で言い訳。

と、店内を見渡すと、品数豊富なカスタマイズパーツの数々。はいはい、街中でよく見ますね。カスタマイズされたバイク。

 

過度にカスタマイズするのは自分の趣味に合わないが、オリジナルのままでは少し味気ないと思い、少しだけパーツを加えてみることにしました。

 

はい、これが一つ目のパーツ。

紫と黒のコンビネーションが、アクセントになってますね。機能は特になし。ただの飾りです。左右セットで、300ペソ。

 

はい、二つ目のパーツはこちら。

正式名称は不明ですが、「足置き」と呼ぶことにします。これは、なかなかいいパーツです。足を置くことができ、走行中の快適度がグーンとアップしました。自転車のハンドルのような部分と、その先端と二つのパーツに分かれています。足置きの本体部分が300ペソ。両サイドの先端パーツが左右で350ペソ。

※2枚目の写真、足置きパーツよりも車体の汚れが気になる・・・

 

お会計、トータル950ペソなり~。

 

居酒屋?!飲み放題なバイクショップ

今回訪ねたバイクショップ、これがまた、なかなかビックリな店でした。

パーツの取り付け作業を待っていると突然、ひどく体格のいい店の大将らしきお父さんが近寄ってきて、

大将「へい、旦那、韓国人?それとも日本人?」

自分「日本人です」

大将「ははは、そうだろうと思ったよ。旦那、景気づけに一杯どうだい?」

店の大将はそう言って、サンミゲルピルスンのリッターボトルを持ってきました。

大将「これどうだい。おいしいよ~」

自分「何ですかこれ?」

大将「これは、ブドゥブドゥ(bud-bud)って言って、ライスから作ったお菓子だよ。」

大将「フィリピンの伝統的な食べ物さ。旦那、フィリピン文化を味わいなっ!」

大将「いくらでも食べていいよ。さあさあ・・・」

自分「はぁ。せっかくですが、ビールだけで十分です・・・」

大将「なぁ~に遠慮することはない。これ全部持っていき!」

結局、ブドゥブドゥが10本も入った袋ごと、頂いてしまいました。

その後も話が弾み、ビールも進み、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

お会計

・バイクのカスタマイズ(部品代・工賃込み)950ペソ

・ビール(1リットル)80ペソ×2=160ペソ → 無料

・ブドゥブドゥ(10本)10ペソ×10=100ペソ → 無料

合計:1,210ペソ → 950ペソ

 

まとめ

バイクのカスタマイズで、まさかビールを勧められ、お菓子まで頂けるとは・・・この話だけ聞くと、「フィリピン人のホスピタリティが素晴らしい」などの話になってしまいますが、これはあくまでも上級者向けの状況です。身の安全を守るために、基本的には、知らない人に勧められた飲食物は、絶対に口にしてはいけません!くれぐれも真似をしないように・・・

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です