フィリピン・セブでバイクのエンジンオイル交換

どうも!自称セブの走り屋?!ことカリパイです。バイクを購入してから早いもので、距離計が1,500kmを指したので、2回目のエンジンオイル交換へ行ってきました。もちろん、バイクを購入した店 blip です。

バイク購入までの話、blipについては、こちらからどうぞ↓↓

【必見!】フィリピンでのバイク(スクーター)の購入方法

2017.03.09




オシャレで明る店内・笑顔のスタッフ

前回のバイク購入までの話の際、blipのサービスについては詳しく説明しましたが、「店の様子を知りたい」というお声を頂いたので、今回は店内の様子にスポットを当てて紹介します。

店内は、清潔感があり、オシャレです。セブのバイク屋には何軒か行きましたが、この店が一番キレイです。

 

①店内が明るい

壁や柱が白色で整えられているだけでなく、道路側に大きなガラスを使用しているため、光がよく入り店内を明るくしてるように感じました。

blip店内の様子01 blip店内の様子02

やはり店内が明るいと、バイクたちも見栄えがしますね。

 

②オシャレなディスプレイ

バイク好きの方ならきっとご存知かと思いますが、みなさんは「ロイヤル・エンフィールド」をご存知でしょうか?

カリパイのバイクについての知識は深くないので、ちょっと調べてみました。

ロイヤル·エンフィールドRoyal Enfield )は、現存するオートバイブランドで世界で最も古く、イギリス発祥のオートバイメーカーであり、現在は、インドオートバイブランドで、アイシャー・モーターズの一部門である。ティルヴォッティユール英語版に本拠を構える。

出典:ウィキペディア

「世界で最も古くからあるバイクメーカー」って響きがすごいです。1851年設立ということで、166年の歴史があるんですね。

【公式HP】https://royalenfield.com/

店内には、ロイヤル・エンフィールドのバイクが陳列されています。

blip店内の様子03 blip店内の様子04

↑個人的には、めちゃ気に入ってます。色使いがシブい!エンジンは500ccです。ここセブでこのバイクに乗って道を走ってたら、目立つでしょうね~。

 

さて、そんなこんなで、我が愛車はどうなっているかというと、こんな感じです。オイルがかなり汚れていてびっくりしました。もう少し早めに替えてあげればよかったです。

blip店内の様子05

 

その数分後、無事作業は終了しました。


【今回のお会計】

オイル代:330ペソ

定期点検:無料

オイル交換工賃:無料

【所要時間】

30分


 

念のため、LTO(陸運局)からナンバープレートが届いたかどうか尋ねましたが、予想通り、まだでした。やはり、本当に1年かかるかもです・・・。

 

まとめ

「オイルぐらい自分で交換しろよ」と言われそうですが、最初の一年間は、定期点検も兼ねてショップでやってもらおうと思ってます。

そう考える理由の一つに、この店のスタッフの対応があります。

いつも笑顔で、そして迅速に応対してくれるので、本当に気分がいいです。

「ここ、ホントにフィリピンかよ?」って思うほどです。まぁ、これはこの店のオーナーまたはマネジャーの腕でしょうね。

このバイクショップのような質のよいサービスを、日々の場面でも求めてしまいたくなり、ストレスが溜まるカリパイでした・・・。

 

ではまた。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です