サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

【セブ】5ペソでOK!お手軽&簡単なバイクの洗車方法〈ローカル編〉

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

フィリピン生活を満喫中のカリパイ( @legendarykalipy)です。

 

バイクを所有する者であれば「愛車をキレイにしたい!」と思うのは当たり前。

愛してますか?あなたのバイクを。

というわけで、今回は「5ペソでOK!」フィリピンでのバイクの洗車についてシェアしたいと思います。




フィリピン洗車事情

フィリピン バイクの洗車01

カリパイは車を持っていないので、フィリピンで車の洗車の経験はありません。

ですが、バイクで走っていると、「Car Wash Shop」をよく見かけます。

チェーン店や個人のお店など様々ですが、基本的にはどこもスタッフが手洗いで洗車をしてくれます。

車の洗車は150~200ペソが相場です。日本円で300~600円ちょっとなので、日本と比べるとかなり安いです。

人件費が安いフィリピンならではですね。

バイクの洗車を頼むことも可能で、バイクの場合は、だいたい50~80ペソが相場です。

 

日本よりお値打ちとはいえ、実際には、洗車ショップを利用する人はお金に余裕のある人が多いです。

カリパイ含め、ローカル小市民は自宅にて自分で洗車します。

 

バイクの洗車〈ローカル編〉

それでは、カリパイの洗車方法をご紹介します。

カリパイ式バイクの洗車には、大きく分けると二つの行程があります。

バイクの洗車の行程
  1. 足回りなど汚れの激しい部分の洗浄
  2. ボディの洗車

1.足回りなど汚れの激しい部分の洗浄

タイヤや泥よけ部分は汚れが激しいので、いきなり手洗いでは時間がかかってしまいます。

そこで、「高圧洗浄機」を利用します。

「えっ?そんなもの購入する余裕はないです」という声が聞こえてきそうですね。

安心してください。バイク大国フィリピンには、こうした声に応えるべく、すばらしいサービスがあるんです。

それがこちら。

フィリピン バイクの洗車02

ちょっとした場所を改造して、高水圧のホースを取り付けた、「洗車ステーション」なるものがあるんです。

日本で言うところのコイン洗車場みたいなものでしょうか。

 

フィリピン バイクの洗車03

手作り感がにじみ出ていますね笑。

 

フィリピン バイクの洗車04

こちらがコイン投入口です。

使用料は、2分間で5ペソ(約10円)です。

コイン投入口の上に、デジタルで残り時間が表示されます。

おっと、すでに2秒経過。急いで洗車します。

 

フィリピン バイクの洗車05

見てください。この水圧を。

跳ねっ返りの水しぶきを浴びながら、足回りなど汚れの激しい部分を中心に、豪快に洗車していきます。

水圧が本当にすごいので、泥汚れがみるみる落ちていきます。

この爽快感、結構クセになりますよ!

ちなみに、コインは5ペソ専用なので、じっくりやりたい人は、5ペソコインを少し余分に用意しておくといいですね。


2.ボディの洗車

コイン洗車で足回りの洗浄を終えた後は、ボディの洗車をします。

先ほどの洗車場で作業を続けてもいいですし、家が近ければ一度家に戻るのもいいですね。

カリパイの場合は、洗車場がバイクで1分のところなので、一度家に戻って作業の続きをします。

 

ボディの洗車には、以下のものを用意します。

  • バケツ
  • ぞうきん(布きれ)2種類
  • 洗車用つや出しシャンプー
  • タイヤ磨き

洗車用シャンプーがない場合は、普通のヘアシャンプーでも大丈夫です。

何度も試しましたが、結構つやが出ます。

タイヤ磨きも無ければ使わなくてOKです。

フィリピン バイクの洗車06

ちなみに、これはカリパイが使っているものです。

シャンプー等の値段は忘れてしまいましたが、どちらも200ペソ以下だったような気がします。両方ともACE Hardwareで購入しました。

 

それでは、洗車していきましょう。

まずはボディです。

フィリピン バイクの洗車07

位置の高い方から順に優しくシャンプーしていきます。少し水を多めに含ませながら洗っていくのがコツです。

全体を洗い終わったら、バケツの水でシャンプーを洗い流します。家庭用のホースがあればさらに便利ですね。

 

シャンプーを洗い流した後は、乾いたぞうきん(布きれ)で水気を拭き取っていきます。

着なくなったTシャツなどで拭き取ると、結構かんたんに拭き取れまよ。

 

さて、最後の仕上げです。

仕上げは、タイヤのつや出しを行います。

タイヤがしっかり黒光りしていると、バイクの印象がかなりよくなります。

しっかりつやを出して、バイクをグアポ(ハンサム)にしてあげましょう。

 

フィリピン バイクの洗車08

カリパイが使っているタイヤ磨きです。日本製ですかね?

 

つや出しチェックをしてみましょう。

Before

フィリピン バイクの洗車09

 

After

フィリピン バイクの洗車10

 

カリパイ

男前になりました-!!

 

フィリピン バイクの洗車11

無事、バイクの洗車が完了です。

いや~キレイになったバイクは気持ちがいいですね。

しばらくは雨の日に出かけたくないです・・・。

 

まとめ

フィリピン人にとって、バイクは生活に欠かせないものとなっています。車が普及してきたとは言え、やはり購入できるのは一部の層だけです。

バイクの購入に関しても、ほとんどの人がローンを組んでいます。しかも、金利がべらぼうに高いので、返済回数が増えると定価の1.5倍になってしまうこともざらです。

なので、フィリピン人はみな、バイクをとても大切にしています。

少しお金に余裕があれば、自分好みのカスタマイズをし、天気のよい日には洗車をしています。

あれ?カリパイも同じことしてますね。

バイク好きですから。

 

以上、バイクの洗車〈ローカル編〉をお伝えしました。

洗車ショップは利用したことがないので、機会があれば利用してみたいと思います。

その時は、またブログで紹介しますね。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です