サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

【セブ】Jセンターモール内の『Gangnam TTEOKBOKKI』でお手軽にギョウザを楽しもう!

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

フィリピン生活を満喫中のカリパイ( @legendarykalipy)です。

 

Jセンターモールをよく利用するカリパイが、先日、ちょっと気になるお店を見つけました。

それが『Gangnam TTEOKBOKKI』です。日本語読みすると「カンナムトッポギ」ですね。

店名でお気付きかと思いますが、このレストランは韓国料理のお店です。ですが、店のイチ押しは「ギョウザ」とのこと

韓国ギョウザ、そのお味は?お値段も気になりますね。

 

というわけで、カリパイが実際に食事をしてきましたので、その様子についてご紹介します。




『Gangnam TTEOKBOKKI』の場所

マンダウエ市にある「Jセンターモール」を目指してください。

Jセンターモール マンダウェ

イミグレーションオフィスが入っているので、わりと外国人を多く見かけます。

東横インセブがオープンし、ますます注目が集まるJセンターモール。

今後も要チェックですね。

 

お店の場所について説明を続けます。

上記写真は、正面入口を写しています。正面の階段をのぼり、2階部分から中へ入り、そのまま真っ直ぐ一番奥まで進みます。

右手にホームセンター「ACE Hardware」が見えたら、そのまま一度外へ出ます。

 

Gangnam TTEOKBOKKI 01

この扉から外へ出ます

 

外へ出てすぐ右手に、『Gangnam TTEOKBOKKI』があります。

Gangnam TTEOKBOKKI 02

はい。無事お店に到着です。

 

Gangnam TTEOKBOKKI』について

店内の様子

Gangnam TTEOKBOKKI 03

こちら店の外には、メニューがズラッと貼られています。ハングル文字があるので、韓国料理の店だとすぐに分かりますね。

 

Gangnam TTEOKBOKKI メニュー 01

店に入って正面にも、壁一面にメニューが貼られています。

 

Gangnam TTEOKBOKKI 05

店内は7卓ほどテーブル(2人掛け・4人掛け)があり、わりとこぢんまりとしたお店です。

 

Gangnam TTEOKBOKKI 06

テーブルは、質素というかシンプルなデザインです。

 

Gangnam TTEOKBOKKI 08

こちらが、キッチンカウンターです。写真を見ると分かりますが、この狭いキッチンの中に、スタッフがたくさんいます。

みな、それぞれ持ち場があるようで、「わたしギョウザ担当」「わたしラーメン担当」という感じで、「一人一役」スタイルかと推測します。

 

メニュー

Gangnam TTEOKBOKKI 02

Gangnam TTEOKBOKKI 03

Gangnam TTEOKBOKKI 04

一般的にセブの韓国レストランは、日本食のレストランにくらべて価格帯が安くなっていますが、このお店もお得な価格帯が魅力です。ほとんどの料理が100~250ペソ(約200~500円)で注文することができます。

この店には本格的な韓国焼き肉はありません。ですが、その分「気軽に入ることができるお店」といえるかもしれませんね。



実食!

今回カリパイが注文したものをここでご紹介します。

GOGI MANDU(蒸しギョウザ)

Gangnam TTEOKBOKKI 蒸しギョウザ

値段:200ペソ(約410円)

こちらが『Gangnam TTEOKBOKKI』のイチオシメニュー「蒸しギョウザ」です。やや大きめのギョウザが10個で200ペソ(約410円)と、値段にお得感がありますね。

 

Gangnam TTEOKBOKKI 蒸しギョウザ 02

ギョウザの皮の閉じ方が日本のギョウザと少し違いますよ~。

 

Gangnam TTEOKBOKKI 蒸しギョウザ 03

ギョウザの中は具がしっかり詰まっていて、食べ応え十分です。食べていて、何も違和感を感じることなく「ギョウザおいしい!」と思いました。

このギョウザは蒸してあるので油くどくなく、本当に食べやすいギョウザです。

他にもキムチギョウザ(同じく10個入り200ペソ)もあります。

両方の味を楽しみたい方は、ノーマルギョウザ&キムチギョウザ(それぞれ5個ずつで200ペソ)を注文するといいでしょう。

 

DOLSOT BIBIMBAP(石焼きビビンバ)

Gangnam TTEOKBOKKI 石焼きビビンバ

値段:180ペソ(約380円)

この店の石焼きビビンバの特徴は、何といっても「野菜がたっぷり」なところです。かき混ぜた後、野菜とご飯の食感が絶妙なバランスでマッチしています。

タレ(辛みそ)は別になってるので、お好みの辛さに調節できる点もいいですね。

石焼きなので、いつまでも熱々を食べることができますよ。

 

RAMYUN-regular(ラーメンー辛口)

Gangnam TTEOKBOKKI ラーメン

値段:100ペソ(約210円)

こちらは、韓国レストランによくあるインスタント袋麺をそのまま調理したものです。一応、申し訳なさそうな程度のネギがトッピングされています。

味は、レギュラー(辛口)とマイルド(辛口じゃない)から選べます。

 

KIMCHI(キムチ)

無料?

写真を撮ることを忘れてしまいました。スイマセン・・・。

 

注文の際、「キムチありますか?」と店員さんに尋ねると「ありますよ」といって伝票に書き込んでいたのですが、お会計ではキムチ代が含まれていませんでした。

サービスキムチだったかも?

味は、本場韓国の味というより、日本人が好む浅漬け風の味でした。

Gangnam TTEOKBOKKI キムチ

キムチは持ち帰り用に500g 150ペソ(約310円)でも販売されています。

 

まとめ

ギョウザをお手軽価格で食べられるお店『Gangnam TTEOKBOKKI』。

ここのギョウザは、何度でも食べたくなる味でした。

ギョウザ以外にも、韓国料理をお手頃価格で楽しむことができるので、気軽に入ることができるお店だと思います。

Jセンターモールにお立ち寄りの際は、ぜひ一度『Gangnam TTEOKBOKKI』へ足を運んでみてください。

 

ではまた。

 

2 Comments

garlicrice

フィリピンで生活していると、シュウマイは屋台やスタンドでも良く見かけますが、餃子はなかなかありません。
私は餃子は大好きだけれど、シュウマイは『それほど・・・』なのでいつも残念な気持ちになります。
シュウマイスタンドを見ると、餃子だったら買うのに・・・と思ってしまいます。

その店だと、私の金銭感覚だと、餃子100Pくらいだったら行ってもいいかな、といった感じです。
日本食レストランに比べたら安いとは思いますが。

今まで見かけた一番安い餃子はSMの冷凍食品売り場にあった88Pのもの。
味は普通の餃子だけれど、いつも日本のスーパーで買っていた105円のみんみん餃子や、180円くらいのえび餃子のほうがうまいと思う。
(コメントを書いていながら自分の貧乏っぷりをさらしているような気がしてきた。まあ、しかし私は今の生活に十分以上に満足しているので、貧乏を恥ずかしいと思う気持ちはまったくありません。)

返信する
カリパイ カリパイ

いつもコメントありがとうございます!

日本食レストランの場合、5個入りで200ペソ前後が相場なので、ここの10個入り200ペソはお得な気がします。
モールの中にある店と言うこともあり、適正価格かと。
店もキレイですしね。

フィリピンで美味しいギョウザを安く食べようと思うと、結局自分で作るしかないかなぁと思いますが、
作る数が少ないと、逆に割高になってしまいますよね。

またお願いします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です