サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

セブ超穴場ローカル観光スポット【第4弾】CO JORDAN

超穴場ローカル観光スポットシリーズ第4弾!このシリーズは、有名な観光地ではなく、現地ローカルに人気のある超穴場観光地をご紹介するシリーズです。

というわけで、またまた見つけましたよ、ガイドブックに載っていない(と思われる)おすすめスポットを。

今回は、タラバ(オイスター)を腹一杯食べて、釣りも楽しめるCO JORDANのご紹介です。

CO JORDAN

水上に建てられたレストランで、新鮮なシーフードをお手頃価格で味わうことができます。この店一番のオススメはタラバ(オイスター)。また、魚釣りも楽しむことができ、釣った魚は調理して食べたり、持ち帰ったりすることができます。

前回までのシリーズはこちらからどうぞ。

グリーンラグーンパーク
セブ超穴場ローカル観光スポット【第1弾】グリーンラグーンパーク
セブ超穴場ローカル観光スポット【第2弾】パパキッズ
セブ超穴場ローカル観光スポット【第3弾】ドポンドファミリーファンフィッシング




CO JORDANの場所

CO JORDANの場所は、セブ市内から車で30分~1時間、コンソラーションになります。ハイウェイから一本中へ入った場所にあり、ハイウェイ沿いに看板も何も出ていないため、なかなか気付きにくい場所にあります。

CO JORDANの地図

セブ市内からセントラル・ノーティカル・ハイウェイを北上し、SM City Consolacionの向かいにある川沿いの道へ進みます。SM City Consolacionで右折です。

SM City Consolacion

SM City Consolacion ここで川沿いの道へ向かって右折です

右折後は、道なりにひたすら真っ直ぐ進みます。

CO JORDANへの行き方01

右折直後は、未舗装の道路が続きます。※2017年4月現在

かなり砂埃が舞うので、バイクの場合はマスク必着です。

CO JORDANへの行き方02

未舗装の道路を抜けると、舗装された道になります。ここからは快適です。カリパイはいつものごとくバイクで向かいましたが、気持ちよく走ることができましたよ。

SM City Consolacionから5分ほど走ると、左手に水辺に浮かぶレストランが見えてきます。ですが、そこはCO JORDANではないので、スルーしてください。そこからさらに1~2分。

CO JORDANへの行き方03

こんな感じの道を抜けると・・・

CO JORDAN駐車場

目的地のCO JORDANに到着です。進行方向、向かって左手になります。駐車場はかなり広いです。そして、駐車料金は無料です。バイク持ちのカリパイ、これは何気に嬉しいです。

 

CO JORDAN店内の様子

CO JORDAN入口

店内への入口には、ローカル感100%のオブジェが満載です。向かって右側にご注目。

CO JORDAN入口の謎のオブジェ

これ、何ですかね。クビ長族出身の人魚でしょうか。世界観の設定がよく分かりませんが、手が込んでいることだけは確かです。

CO JORDANの店内の様子01

写真向かって右手が受付です。

まず最初に食事をするテーブルを決めます。魚釣りも楽しみたい人は、コテージを利用することをお勧めします。

 コテージ利用料金(3タイプ)

  • 150ペソ:10人ほど収容可能
  • 300ペソ:15人ほど収容可能
  • 500ペソ:部屋付き

店内の料金案内表には、「コテージの利用時間は3時間」と書いてありましたが、どうやらこれは関係ないようです。カリパイは150ペソのコテージを半日利用しましたが、150ペソのままでした。

受付横の売店では、スナック類、果物などを購入することもできます。

CO JORDANの店内の様子02

 

新鮮なシーフード

CO JORDANの店内の様子03

CO JORDANでは、新鮮なシーフード料理をお手頃価格で存分に楽しむことができます。この日は、数種類の貝類、魚、イカなどがありました。

タラバ

こちらがお目当てのタラバ(オイスター)です。日本の牡蠣に比べ、実は少々小ぶりですが、磯の香りがしっかりしていて美味しいです。こちらのタラバは、キロ60ペソです。

CO JORDANの店内の様子04

CO JORDANのメニュー

各種シーフードを、いろいろな調理方法で食べることができます。その他、バーベキューやレッチョンなど、フィリピン料理も多数揃っています。

CO JORDANの店内の様子05

注文した料理は、こちらで豪快に調理してもらえます。

 

コテージ

CO JORDANの店内の様子06

敷地内には、3タイプのコテージがあります。竹を組んで作られたコテージは、ローカル感を存分に醸し出しています。すべてのコテージと通路には屋根が付いているので、急に雨が降ってもおそらく大丈夫かと思います。

CO JORDANの店内の様子07

CO JORDANの店内の様子08

そして、CO JORDANの魅力の一つ、敷地内の至る所で魚釣りをすることができます。この日は家族で訪れているグループが多かったのですが、子どもたちが魚釣りで大はしゃぎしていました。

CO JORDANの店内の様子09

CO JORDANの店内の様子10

 

今回、カリパイが選んだのは、水辺に面した150ペソのコテージです。

CO JORDANの店内の様子11

コテージ番号と値段が書かれた紙が傾いてますが、こういうところを一切気にしない雑な感じ、嫌いじゃありません。日本なら、従業員がマネージャーにこっぴどく叱られるでしょうね。

CO JORDANの店内の様子12

コテージには電源もあるので、携帯の充電ができます。

 

お待ちかねのタラバ(オイスター)実食!

CO JORDANの店内の様子13

卓上にドドーンと料理が届きました。この日は、出掛ける前に昼ご飯を食べてきたばかりだったので、おかずは2品だけです。(ちょっとだけ言い訳)

 

シシリングスクイッド(イカの鉄板焼き)

CO JORDAN シシリングスクイッド

受付で見定めてきたイカを調理してもらいました。イカはキロ400ペソで、特別に安いなぁという感じではありません。写真のイカは、250グラムなので100ペソでした。

イカはプリプリで、甘くない味付けが個人的にはストライクど真ん中でした。ネギとタマネギがシャキシャキで、ちょっとフィリピン料理っぽくない仕上がりに驚きました。次回来たときにも間違いなく注文します。

 

タラバ(オイスター)

CO JORDAN タラバ

出ました、お待ちかねのタラバです。今回は2キロ注文しました。1キロたったの60ペソ、超お得です!

CO JORDAN タラバ02

日本の牡蠣に比べて、形はやや小ぶりです。上手く表現できませんが、一言で言うなら「日本の牡蠣より痩せている」という表現がしっくりくるかなと思います。

でも見てください。しっかり牡蠣ですよ。牡蠣大好き人間のカリパイにとって、この状況はまさに天国です。

CO JORDAN タラバ03

CO JORDAN タラバ04

醤油にカラマンシー(柑橘系果物)を入れ、それを少しだけ牡蠣にたらして食べると、もうホント、ビールが止まりません。磯の香りと塩気が、ナチュラルな味として付いているので、何も付けずに食べても美味しいです。


実戦!魚釣り

CO JORDAN魚釣り01

お待たせしました。魚釣りの紹介です。

CO JORDANでは、食事を楽しみながら魚釣りもできちゃいます。

釣り竿は自前の物を持ち込んでもOKです。竿がない場合は、レンタルすることができます。

CO JORDAN魚釣り02

受付から真っ直ぐ進んだところに、釣り竿のレンタルサービス窓口があります。

一竿20ペソです。竿は木の棒に糸が付いたローカル仕様です。

エサは別で、一旦受付へ戻り、受付のすぐ目の前の窓口で購入できます。

練り餌と撒き餌のセットで20ペソです。

CO JORDAN魚釣り03

この日は、多くの人で賑わっていました。

辺りを見ていると、結構魚を釣り上げている人が多く、魚の活性は高そうでした。

CO JORDAN魚釣り04

撒き餌をすると、魚がたくさん寄ってきます。そこへ狙いを定めて、投げ込みます。

CO JORDAN魚釣り05

CO JORDAN魚釣り06 バゴス

釣れました!バゴス(ミルクフィッシュ)です。

魚の大きさは、小さいもので15cm、大きいものだと30cmほどのものが釣れました。

CO JORDAN魚釣り07 バゴス

釣った魚は、竿と一緒に借りたネットに入れておきます。※竿を借りると無料で使える

CO JORDAN魚釣り08

調子に乗って、釣りまくっていたら、半日で4キロを越えてしまいました・・・。

釣った魚は買い取らなくてはいけないので、釣りすぎには注意ですね。ちなみに値段は、キロ200ペソです。

今回は850ペソでした。い、痛すぎる出費・・・。

バゴスの唐揚げ

この日の晩ご飯は、当然バゴス料理。豪快に唐揚げにしてみました。ちょっと揚げすぎましたが・・・。

食べきれないほど釣ったので、残りは近所へお裾分けしました。

 

その他

CO JORDAN 店内の様子

その他にも、インターネットカフェ?!的な、コーナもあります。

CO JORDAN 店内の様子02

トイレは複数箇所あり、割と綺麗でした。

CO JORDAN 店内の様子03

CO JORDAN 店内の様子04

店内入り口の横にもあった、謎のクビ長族出身人魚だけでなく、施設内には摩訶不思議なオブジェが至る所にあります。

興味のある方は、施設内をくまなく探索し、すべてのオブジェを見届けてみてください。

 

まとめ

有名リゾートホテルで優雅に過ごしたことがないカリパイは、こういうローカルな場所が大好きです。新鮮なシーフードをお手頃価格で楽しむことができ、タラバを大人食いすることができるCO JORDAN。魚も釣れすぎて困るほど釣れます。

みなさんもぜひ一度足を運んで、タラバと魚釣りを堪能してください!

CO JORDAN

  • 住所:Laray Road, Consolacion, Cebu
  • 電話番号: (032) 266 3139
  • 営業時間:8am~10pm  年中無休 

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です