サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

結構イケます!Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili

食欲が落ちそうなときの一番の解決策は、「食べたいものを食べる」ということから、前回、お手軽・格安に食べられるインスタントパスタ、Nissin Pasta Express Sweet Filipino Styleをご紹介しました。

前回記事はこちらからどうぞ

結構イケます!Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style

 

しかし、フィリピンといえば、やっぱりパンシットカントン(フィリピン風の焼きそば)が王道ですよね。

そこで今回は、お手軽・格安に食べられるインスタント麺、Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chiliのご紹介です。




Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili01

スーパーのインスタント麺コーナーには、フィリピンで最も有名なインスタント麺ブランド Lucky Me! の商品が、全体の7割ほどの場所を占めています。Lucky Me! の商品ラインナップは豊富で、袋麺だけでなく、カップ麺も多数あります。

Lucky Me! SPECIAL BEEF

↑これ、カップ麺コーナーに必ずありますね。

Lucky Me!について

Lucky Me!はMonde Nissin社の主力商品の一つです。この会社の社名に「Nissin」が使われていますが、日本の日清食品とは、何も関係がありません。

Monde Nissin社の子会社には、クラッカービスケットで有名なSkyFlakesもあります。なかなか手広くやってますね。

SkyFlakes

Monde Nissin社は2000年以来、総収益においてフィリピンのトップ50企業にずっと名を連ねているとのことです。

 

さて、

こちらが、Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chiliです。このPancit Cantonには様々な味の種類があり、これは、EXTRA HOT CHILIと言って、辛口のものです。

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili02

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili03

スーパーで購入する際、一袋9ペソになります。先の写真のように、6袋パックもあります。こちらは6袋入りで54ペソです。

一袋の内容量は60gなので、少々小粒な感じになっています。

 

スーパーでフィリピン人の買い物かごをのぞくと、必ずと言っていいほど、このパンシットカントンの袋麺が爆裂に放り込まれています。誰がそんなに食べるんだろうって、いつも思いますが、20袋30袋のまとめ買いは当たり前。

サリサリストアの仕入れの可能性もありますが、そのせいで、いつもレジは大渋滞となるわけです。

何を隠そう我が家でも、常にストックされています。パンシットカントンを切らすと、「やばい!買いに行かなきゃ」とソワソワしてしまいますね笑。

作り方

とてもシンプル、簡単です。

  1. 沸騰したお湯を用意
  2. 麺をゆがく
  3. 湯から麺を上げ、しっかり湯切りする
  4. 器に添付の粉末スープをあけ、麺と絡める
  5. できあがり!

 

実食!

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili04

思わず「ヒィーハァー!!」と叫びたくなるほどではありませんが、なかなかのスパイシーぶりに、食が進みます。ここでも、フィリピンスタイル発動で、ぜひライスを用意してください。パンシットカントンをおかずに、白飯をかっ込む!これぞフィリピンスタイルです。

 

 

ちなみに、激辛はちょっと、という人にはこちらがオススメです。

Lucky Me! Pancit Canton

こちらも少しだけスパイシーですが、辛味はかなり抑えられています。辛味よりもカラマンシーの酸味の方が強いです。

 

まとめ

熱湯とライスの準備ができたら、いざ出陣!

フィリピンでは何かと甘味が多いので、時にはピリッと辛いものが欲しくなります。そんなときは、ぜひ Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chiliをお試しください。

※一袋は小さいので、食の太い方は、2~3袋で一人前と考えるといいですよ。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です