結構イケます!Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style

最近セブでは、連日のように暑い日が続いています。

いよいよ本格的なサマーシーズン到来といったところでしょう。

暑いとどうしても食欲が落ちて、体力が落ちて、バテるもしくは病気になる可能性が高くなってしまいます。

水分補給と食事を抜かないことが、カリパイ流のバテ防止策です。

 

食欲が落ちそうなときの一番の解決策は、「食べたいものを食べる」に尽きますね。

そこで今回は、お手軽・格安に食べられるインスタントパスタ、Nissin Pasta Express Sweet Filipino Styleのご紹介です。

Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style

Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style01

スーパーへ行くと、必ずあるインスタント麺コーナー。一袋のサイズが日本のものと比べて一回り小さいですが、棚にギッシリ陳列されています。

Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style02

こちらが今回ご紹介するNissin Pasta Express Sweet Filipino Styleです。

インスタント麺といえばラーメンが王道ですが、ここフィリピンでは、パンシットカントン(フィリピン風の焼きそば)とスパゲティが、負けず劣らずのメインラインナップになっています。

このパスタは、スーパーでは、一つだいたい10ペソほどで売られています。

ラーメンやパンシットカントンが一袋6~9ペソなので、ほんの少しだけ高めの価格設定ですね。

袋をよく見るとNISSINと書かれています。ん?あの日清食品?それとも、フィリピンあるあるのパクリもの?この件について確認のため、少々調べてみました。

NISSINは日清食品の会社?

このパスタを作っているのは、ニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(NUR)という会社で、これは日清食品グループ(日清グループ)、三菱商事、ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(URC)との合弁会社になリます。

NURは、マニラに本社があり、1996年設立以来、インスタント袋麺やカップ麺の製造・販売を行ってきています。

ですから、この商品は、日本の日清と関係があることになりますね。

ここでもう一つ。

インスタント麺コーナーを覗くと、コーナーの大半を占めているもうひとつの「ニッシン」があります。

Luck Me!の名前で親しまれているフィリピン現地資本の有力企業モンデ・ニッシン社の製品です。

この会社の社名に「ニッシン」が使われていますが、こちらは日本の日清グループと何も関係がありません。

「名前をパクったのか?」と言われそうですが、ここにはいろいろ歴史があるようです。

実食!

Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style03

調理方法はいたってシンプルです。

  1. なべにお湯を沸騰させる
  2. 麺を投入
  3. ゆがき終わったら麺をざるにあけ、湯を切る
  4. 添付の粉末ソースと、トッピングを麺と混ぜ合わせる
  5. 完成!

Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style04

麺は日本の技術を用いた、フィリピンでは珍しいストレート麺です。

商品のタイトルにSweet Filipino Styleとありますが、いやいや、甘さは全くありません。

個人的には、ジョリビーやマクドの甘ーいパスタより、こっちの方が口に合います。

 

注意点ですが、一袋だと、少々ボリューム的には物足りないかもしれません。

自分はいつも一人前の分量として3袋使ってます。ん?ということは、10ペソ×3=30ペソで、結構いい値段しますやん!ってことになってますね笑。

または、2袋とライスのセットもいいですね。

日本にいるときは一度もやったことがなかった、パスタ&ライスが、今では当たり前になってしまいました。

まとめ

お金に全く不自由していない人は別ですが、なるべく節約したい人は、やはり自炊がオススメです。

普段は自炊で節約し、たま~にちょっと贅沢に外食し、心の健康を保つ。

そんなあなたにとっての強い味方が、Nissin Pasta Express Sweet Filipino Styleです。

ぜひ一度お試しください。

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です