フィリピンのインスタント焼きそば『NISSIN YAKISOBA』は日本のそれと同じなのか

 

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

フィリピン生活を満喫中のカリパイ( @legendarykalipy)です。

 

フィリピンでは日本ほどではありませんが、インスタント袋麺を楽しむことができます。

その種類を大きく分けると、「ラーメン系」「パスタ系」「焼きそば系」となります。

一袋およそ6~10ペソ(約13~22円)と、値段的にも庶民の味方となっており、多くのフィリピン人に愛されています。

 

先日スーパーで見つけた「YAKISOBA」の文字。むむ??「焼きそば」とは??

フィリピンには「パンシット・カントン」と呼ばれる、焼きそばのような料理があります。

パンシット・カントン

パンシット・カントン

焼きそば

日本の「焼きそば」

今回見つけた『NISSIN YAKISOBA』は、その名の通りなら「焼きそば」のはず。

 

以前、当ブログでご紹介したこちらの商品は、商品名に「パンシット・カントン」とあります。

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili

結構イケます!Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili

2017.04.27

 

そこで、一つの疑問が頭に浮かびました。

カリパイ
そんなん、名前だけ「焼きそば」で、やっぱり「パンシット・カントン」なんじゃないの?

 

というわけで、真相を突き止めるべく、実際に『NISSIN YAKISOBA』を食べてみたので、その結果についてご紹介します。




NISSIN YAKISOBA』について

NISSIN YAKISOBA

NISSINは日清食品の関連会社

NISSIN YAKISOBA logo

この商品は、日本の日清と関係があります

このパスタを作っているのは、ニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(ニッシンURC)という、日清食品グループ(日清グループ)などとの合弁会社です。

詳しい説明は、こちらの投稿にありますので、よかったらのぞいてみてください。

結構イケます!Nissin Pasta Express Sweet Filipino Style

2017.04.25

 

 価格

スーパーで購入すると、一袋10.5ペソ(約21円)です。コンビニでは15ペソで売られています。少し割高ですね。

 

その他

NISSIN YAKISOBA header

公式HPより https://web.facebook.com/nissinyakisoba/

NISSIN YAKISOBA』には、袋タイプとカップタイプがあります。

NISSIN YAKISOBAラインナップ

<袋タイプ>

  • Spicy Chicken
  • Savory Beef
  • Spicy Calamansi

<カップタイプ>

  • Spicy Chicken Regular
  • Spicy Chicken Mini
  • Savory Beef Regular
  • Savory Beef Mini 

詳しくは公式HPをご覧ください。

NISSIN YAKISOBA 公式HPへ

 

作り方

調理方法はとーってもシンプル&簡単です!

まずは、内容物を見てみましょう。

NISSIN YAKISOBA 01

袋の中には、めん、かやく、粉末ソース、液体ソースが入っています。

 

NISSIN YAKISOBA 02

右上から順に時計回りで、「粉末ソース」「かやく」「液体ソース」です。

 

作り方

  1. なべにお湯を沸騰させる
  2. めんを投入
  3. ゆがき終わったらめんをざるにあけ、湯を切る
  4. 添付の粉末ソース、液体ソース、かやくをめんと混ぜ合わせる
  5. 完成!  

 

留学でフィリピンに来ている学生さんの場合、宿泊先で鍋やガスコンロがないですよね。でも大丈夫です!ちょっとした裏技で調理が可能になっちゃいますから。

カリパイ流インスタント袋焼きそば調理法

  1. 袋からめん以外を取り出す
  2. ウォーターディスペンサーの熱湯をめんだけが入っている袋へ注ぐ(適量)
  3. 5分ほど待つ
  4. 袋に穴を開け、湯切りする
  5. ソース類&かやくを入れ、混ぜ合わせる
  6. 完成! 

穴開け用のフォークは学食で借りちゃえば大丈夫でしょう。



実食

NISSIN YAKISOBA 03
カリパイ
さっそく食べてみましょう!
誰かさん
お味はどうですか?
カリパイ
はい。これは甘口のパンシット・カントンですね~。やっぱり、フィリピン人に合うような味にすると、日本のソース味とは、かけ離れてしまいますね。
カリパイ
でも、これはこれで美味しいですね。ご飯に合いそうですよ。
誰かさん
それはよかったですね♪

というわけで、残念ながら「日本の焼きそば」とは違ってました。簡単に言うと、NISSINが作った「Lucky Me! Pancit Canton」って感じですかね。

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili

Lucky Me! Pancit Canton Extra Hot Chili

繰り返しますよ。美味しいんです。ですが、日本の「日清UFO」のような味を期待すると、残念な気持ちになりますね。

 

NISSIN YAKISOBA 04
カリパイ
こんな風にすると、ちょっと豪華な感じになりますね。みそ汁&ライス付きの「焼きそば定食 in フィリピン」です!

 

まとめ

結論

NISSIN YAKISOBA』はパンシット・カントンだった。

byカリパイ

カリパイ
美味しいから一度食べてみてね!

 

ではまた。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です