セブのバイクショップでカスタマイズ【第5弾】

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

フィリピン生活を満喫中のカリパイ( @legendarykalipy)です。

 

自称大人気シリーズ「バイクのカスタマイズ」。今回は第5弾ですね!

今回は、ハンドルグリップ・ブレーキレバーの再カスタマイズとスマホホルダーの装着をしました。

ちなみに!

【第4弾】でミラーを交換しましたが、読者様のご指摘通り見事に色落ちしてしまいました。

なので、ミラーはもとの純正品に戻しています。

参考

なじみのバイクカスタムショップへ「年の瀬のあいさつ&カスタマイズ納め」に行ってきたよカリパイの日々

というわけで、さっそく今回のカスタマイズを見ていきましょう。

今回のカスタマイズ

毎度ご紹介していますカリパイのバイクは、

「YAMAHA Mio Soul i 125 2016年モデル」です。

参考

【必見】フィリピンでのバイク(スクーター)の購入方法伝説のKalipay

参考

【フィリピンバイク情報】2017年ニューモデル登場!YAMAHA Mio Soul i 125S伝説のKalipay

今回のカスタマイズは全部で3か所です。

  1. ハンドルグリップ
  2. ブレーキレバー
  3. スマホホルダー装着

 

それでは順番に見ていきましょう。

1.ハンドルグリップ

まずはこの写真 ↑ を見てください。

あれ?何かおかしいですよね??

これが正しい姿。

そうなんです。先っぽが取れちゃいました。

正確に言うと、バイクを止めておいたらいつの間にかどこかへ行ってしまっていた!

 

少し腹のたつ話ですが事情を説明します。

先日アパートの駐車スペースに誰か来客があったようで、その際に車を止めるためカリパイのバイクを移動させたと。

 

それで、この有り様・・・。

 

なぜそれが分かったかというと、

 

  • カリパイのバイクの場所が変わっていた
  • 普段止まっていない車が止まっていた
  • 前日には確かに取れていなかった

 

まぁ実際に見ていないので、100%は断然できませんが可能性はかなり高いと思います。

 

思いっきり文句をぶちかましてもよかったんですが、今後のことも考えて自粛です。

 

一応ここは外国なので・・・。

こんなことがあったので「この際新しいものに替えてしまおう!」というのが再カスタマイズの理由です。

 

そんなこんなで、やってきました。いつものショップです。

相変わらず、いつ行っても誰だか分からない人たちがタンバイしてますw

作業してくれたのはいつものお兄ちゃん。

今回は、ちょっと趣向を変えてカラーをチェンジすることにしました。

カリパイのバイク「YAMAHA Mio Soul i 125 2016年モデル」のバイオレットの場合、みんなやることは同じで「バイオレットカラーで統一」がカスタマイズの王道なんです。

なので、ちょっと違う路線で行ってみようと。

そこで選んだのが「グリップの先端がウインカーと連動して光るもの」です。

よく車でありますよね。サイドミラーにウインカーランプが付いているあれです。

実際に装着する前に、光具合を確認しました。

試しに配線に電気をとしてくれたお兄ちゃん。

グリップのライトもまぶしいですが、お兄ちゃんのドヤ顔もまぶしかったですw

 

というわけで装着した感じがこちらです。

このハンドルグリップ、お値段780ペソ(約1,700円)でした。

通常のグリップより少しお高めですね。

2.ブレーキレバー

お次は、ブレーキレバーです。

以前はバイオレットカラーでしたが、今回ハンドルグリップをシルバーに替えたので、ブレーキレバーもシルバーに替えました。

このブレーキレバー、握り幅を簡単に変えることができます。

また、万が一バイクが転倒した際に、レバーが垂直方向に折れてダメージを受けないような仕様になっています。

お値段700ペソ(約1,500円)です。

これも少し高めですね。

3.スマホホルダー装着

バイク旅に出かけた際に思ったのですが、運転しながらスマホでグーグルマップを確認できたらいいなぁと。

カーナビのようなイメージですね。

そこで、アマゾンでいろいろ見てみたら、いいものを発見しました。

さっそくポチって、先日送ってもらった日本からの荷物に入れてもらいましたよ。

参考

【EMS便】日本からの荷物が届いたー!うれしぃーー!!カリパイの日々

箱の中身はこちらです。

バイクのサイドミラーに装着するタイプです。

このスマホホルダー、お値段999円でした。

装着した結果はこんな感じです。

思っていたより場所も取ってなく、いい感じで装着することができました。

次回のバイク旅が今から楽しみですね。

今回のカスタマイズのお会計まとめ

今回は、3点のカスタマイズでした。

  • ハンドルグリップ
  • ブレーキレバー
  • スマホホルダー装着

部品代・工賃込みで、合計1,680ペソ(約3,700円)+スマホホルダー代999円でした。

内訳は以下のとおりです。

  • ハンドルグリップ:780ペソ
  • ブレーキレバー:700ペソ
  • 工賃:200ペソ
  • スマホホルダー代:999円

今回もスタッフにはチップで100ペソ渡しました。

まとめ

今回で5回目となったカスタマイズシリーズですが、いかがでしたでしょうか。

カラーをバイオレットからシルバーへ変更しましたが、どっちの方がよかったのかは人によって評価が分かれるところでしょうか。

まぁ気に入らなかったら、またもとに戻せばいい話なので、しばらくはこのままでいきたいと思います。

カスタマイズもいいですが、最近洗車をサボっているので、近いうちに気合いを入れてバイクを磨き上げたいですねw

今日も安全運転でいきましょう!

 

ではまた。

4 Comments

前田、、

折れ曲がりタイプのレバー、私も検討しています。 私の場合クラッチレバーが有るバイクの為 出先でクラッチ側が折れると帰れなくなってしまうから しかも日本と違いレバーの入手が難しいらしいので交換後はオリジナルをスペアーに持って出かける様にしようと考えているのですが 値段が高いので躊躇してるところです。

返信する
カリパイ カリパイ

前田さん

不測の事態が起きやすいのがフィリピン。
「備えあれば憂いなし」でしょうか。
安全に関わるものは必要経費と考え、高くても質のいいものを購入したいですね。

返信する
藤島昇

私のフィリピン在住3年で、マニラの北Pampanga州に住んでいます。バイク情報ありがとうございます。バイク(スクーター)を買いたいと考えているところです。近隣都市を結ぶ田舎町で、信号機もないので・・妻に手を引かれて渡る次第です。そろそろフィリピン人感覚にも慣れてきて、手を差し出して、「お前は止まれ」を覚えましたよ!フィリピンは道路事情が悪く、シングルだとこけそうで事故りそうで~!!

返信する
カリパイ カリパイ

藤島さん

>そろそろフィリピン人感覚にも慣れてきて、手を差し出して、「お前は止まれ」を覚えましたよ!
いいですね~。フィリピン生活をしっかりエンジョイされてますね!

バイクは本当に便利ですが、おっしゃる通り、道路事情が悪い場所も多いのでくれぐれもお気を付けて。

またコメント願いします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です