サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

本格フィリピン料理!レストランGolden Cowrie(ゴールデンカウリー)

フィリピン人に人気のフィリピン料理レストラン

今回は、本格フィリピン料理がお値打ちに楽しめる、Golden Cowrie(ゴールデンカウリー)のご紹介です。




市内に数多くの店舗を展開しているGolden Cowrie(ゴールデンカウリー)ですが、今回は、A.S.Fortuna St にあるお店へ行ってきました。BBQで有名なMatias(マティアス)の向かいにあります。

ゴールデンカウリー店外の様子

 

店内は、白を基調に明るい雰囲気で整えられています。訪れたこの日は、閉店間際という時間帯のせいか、他のお客さんが誰もいませんでした・・・。

フィリピン人の友人たちに聞くと、皆が口を揃えて「Golden Cowrie なら間違いないよ!」と言います。フィリピン人に人気のレストランなんですね。

 

今回注文したメニューのご紹介

Baked Scallops

お値段:155ペソ

どこのフィリピン料理レストランでも見かける、鉄板メニュー。スカロップ(貝)にバターとガーリックを添えてオーブンで焼いたものです。日本でいうところの「ホタテバター」ですね。貝はホタテと比べると小粒ですが、ガーリック&バターの香りと味に、大満足間違いなしです。ビールによく合いますよ。

 

Pork Tinola

お値段:155ペソ

豚肉と野菜がたっぷり入ったスープです。ショウガの味が効いていますが、クセがなく、日本人の味覚にも合います。食べた後、体がホカホカします。体調がよくないときにこれを食べれば、元気になりそうです。

 

Sizzling Bangus

お値段:173ペソ

Bangus(バゴズ)という名前の魚を使った料理です。ちなみに、バゴスはフィリピン名で、英語名では、Milkfish(ミルクフィッシュ)と呼ばれています。

料理方法は至ってシンプルで、簡単に言うと焼き魚です。タレは醤油ベースです。小骨が多い魚ですが、味に臭みやクセがなく、食べやすいです。

 

Humba

お値段:185ペソ

Humba(フンバ)とは、豚の煮込み料理です。「少し甘味の豚の角煮」といった感じです。これ、ご飯が進みますよ。この料理、思いのほかボリュームがあるので、ガッツリ量を食べたい人には超オススメです。ご飯のおかわりも必須です。

 

Garlic Rice

お値段:46ペソ

フィリピンでは、ガーリックライスは定番中の定番。ここのガーリックライスは、やや薄味でした。

 

Leche Flan

お値段:58ペソ

Leche Flan(レチェフラン)は、フィリピンで人気のスイーツです。フィリピン版カスタードプリンという説明が一番しっくりきます。味は濃厚です。甘いもの好きにはたまらない一品かと思います。

 

Sago at Gulaman

お値段:78ペソ

ゼリーとタピオカ入りの甘い飲み物です。色はカラフルで見た目は綺麗ですが、甘いものが苦手な人には厳しいかもしれません。ちなみに、Sago(サゴ)とは、タガログ語でタピオカを意味します。カリパイは甘いものが苦手なので・・・。

 

まとめ

ご紹介した料理を見ても分かるように、日本人観光客にとっては、価格帯はそれ程高くありません。現地暮らしをしているカリパイにとっては「高級レストラン」ですが。(苦笑)

個人的には、Baked Scallops が超オススメです。

大勢の仲間と賑やかに、または、大切な人と甘い時間を。

Golden Cowrie(ゴールデンカウリー)で、おいしい本格フィリピン料理と共に楽しんでもらえればと思います。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です