サブブログ『カリパイの日々』毎日更新中

【シリーズ日本食inセブ】#2ラーメン一路発(168RAMEN)

【シリーズ日本食】の第2弾!

今回はITパークそば、クロスロードモール内にある「麺屋 一路発(168RAMEN)」をご紹介します。

オシャレなレストランやバーがあり、ちょっと他のエリアとは雰囲気が違うクロスロードモール。価格もやや高めの店が多いです。その一角に、「一路発」があります。




日本の味がここにあり!

2017年現在、セブには数多くの日本食レストラン・ラーメン屋があり、どこもそれぞれおいしい日本食を提供してくれています。しかし、一方で、日本のクオリティーを再現しようとすると、食材等のコストがかかり、価格が高くなってしまう傾向もあります。

フィリピンにおいては、日本食は高級料理。客層は、セレブなフィリピン人か、観光で来ている日本人、と限られているのも事実です。

とは言え、やはり自分は日本人。日本の味が恋しくなります。現地在住、庶民派代表のカリパイのお気に入りのお店が「一路発」さんです。

店内に入ると、「いらっしゃいませ~」とフィリピン人スタッフが日本語で迎えてくれます。メニューはラーメンを中心に、セットメニューや一品料理も充実しています。価格は、やや高めですが、何を食べてもハズレなし。本当にここで日本の味を楽しむことができます。

 

カリパイのイチ押し!メニュー

五目あんかけラーメン 

お値段:380ペソ

豚肉・エビ・野菜がふんだんに盛り込まれ、醤油ベースの絶妙な味のあんに包まれた至極の一杯。野菜のボリュームがすごく、体に良いこと間違いなし。煮卵もレベル高いです。

カリパイ、ダントツのイチ押しラーメンです。

※毎回これを注文してしまいます・・・クセになってます。

 

味噌バターコーンラーメン

お値段:350ペソ

味噌とバターとコーンのハーモニーが絶妙。個人的には、白ネギが非常に嬉しいです。

 

塩ラーメン

お値段:260ペソ

味はあっさり味ですが、鶏ガラだしが効いたスープが最高。飲んだ後のシメに合います。

 

唐あげ

お値段:180ペソ

フィリピンでは、フライドチキン(骨付き)がスタンダートですが、やはり日本の唐揚げは別格ですね。マヨネーズ(日本産)と合いますね!

 

炒飯(スープ付)

お値段:190ペソ

炒飯はスープ付きです。スープがまたイケるんです。

 

餃子

お値段:150ペソ

これぞ、日本の餃子。間違いありません。

 

半カレー(セットもの)

※各ラーメンとセットで注文可

お値段:140ペソ

ラーメンとセットで注文できます。コクのあるカレーを味わうことができます。

 

つくね

お値段:120ペソ

クオリティー高いです。付け合わせのレタスがにくいですね。

 

まとめ

冒頭でも述べましたが、何を注文しても、これぞ「日本クオリティー」です。味は間違いありません。

是非一度、一路発へ足を運んで、日本クオリティーを堪能してみてください。

本当においしいですよ!

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です